宅建を取得した主婦は再就職で有利!宅建の魅力とは

宅建を取得した主婦は再就職で有利!宅建の魅力とは

 

主婦の方が何か資格の取得を考える際の傾向の1つとして、「合格率が低いもの」「難易度の高いもの」については避けられがち…というケースも少なくありません。というのも、上記のようなハードルが高めの資格については、「家事をしながら勉強を進める自信がない」「難し過ぎるものはモチベーションが上がらない」などの理由付けをしがちだからです。しかしながら、主婦の状態から再就職をした後の事を考えると、難易度の高い資格の取得にはたくさんのメリットが考えられます。そのおすすめの資格の中の1つが「宅地建物取引士」、いわゆる「宅建」で、近頃は職場復帰を考える主婦の方々の間でも検討する方々が増えて来ているようです。では、なぜ「宅建」の資格を取得する事は再就職の上で有利になり得るのか、その詳細について詳しく見ていきましょう。

 

 

今、日本国内において「宅建」が改めて注目されている!

今、日本国内において「宅建」が改めて注目されている

 

 

日本における「宅建」の意識と他国におけるそれについて

 

宅建の歴史は非常に古く、第一回目の宅建試験は昭和33年が第一回目であると記録されています。そのような中、今や国内の不動産関連の営業所においては、5人に1人以上は宅建資格の保有者を置かなければならないほどまでになりました。ここだけを見ると「日本は宅建に関する意識が高いな」と感じるかもしれませんが、他国においてはさらに進んでいる国があります。現に、アメリカにおいてはなんと不動産関連の営業所においてほとんどの方が宅建資格を持っているのだとか。「全員が保有必須」と言われる営業所もあるほどです。さらに、アメリカの場合はその資格が活きるのは取得した州のみで、その他の州で仕事をしたいと思ったらまたその州で取り直す必要があるほど徹底しているのです。

 

ご存知の通り、日本はこれまでアメリカから様々な影響を受けながら成長を遂げて来ました。宅建においても、いずれはアメリカと同様に「営業所の人間は保有必須」となる時代が来るとも言われています。それに伴って、現在宅建資格の需要は増えており、保有している人間は、例え元主婦だろうが元フリーターだろうが重宝される事間違いなしなのです。職場復帰において、「必要とされている現場に飛び込む」というのは立派な戦法です。このような背景からも、主婦の方におすすめの資格の1つが「宅建」であると言えるという事になります。

 

 

「宅建」の資格を取得する事によるメリットとは?

「宅建」の資格を取得する事によるメリットとは

 

まず、「宅建」の資格を取得する事によるメリットとしては

  • 不動産業界で働く際にキャリアアップを見込める
  • 不動産業界以外でも、金融機関なども視野に入れる事が出来る
  • 将来的に自分自身での独立開業を展開する事が出来る
  • 自分のマイホームを建てる際に効率よく業者を探す事が出来る

などが考えられます。それなりの収入が見込めるような業界において一目置かれるであろう事と、独立開業の可能性が広がる事、自分や家族が家を新築する際の役にも立つ事などを考慮すると、多くのメリットが考えられる資格であると言えるでしょう。

 

 

「宅建」の資格を取得する事は本当に人気があるの?

「宅建」の資格を取得する事は本当に人気があるの

 

前述の通り、近頃は「宅建」の資格を取得する事に対しての人気は高まりつつあるようです。例えば、近年は不動産関連を取り扱ったテレビドラマにおいて宅建の資格について目にする機会が増えていたりするので、その仕事に興味を持つ方々自体が増えています。また、「どうせ職場復帰をするならば高収入が見込める仕事が良い」と考える方も増えている為、クオリティの高い分野において評価の高い宅建の資格の取得を検討するケースも少なくはないからです。このように、主婦の方々の間でも、きっかけは「興味がある」程度の場合も多いので、まずは資料を請求するなどして取得までのプロセスを見てみるのも良いかもしれませんね。

「宅建」の資格を取得する事を一言で言うと?
「宅建」の資格を取得する事を一言で言うならば、「一度取得をすれば一生使う事が出来て、周囲からの評価も高くなる資格」と言ったところでしょうか。前述の通り、宅建の資格と仕事として活かす事が出来るのは言うまでもありませんが、仮にご自身のマイホームを購入…となった場合などにも知識を活かす事が出来るので、ライフスタイルのあらゆる場面でとても活躍をしてくれる資格であると言えるでしょう。

 

実際に主婦から宅建資格を取得した方々の生の声について

実際に主婦から宅建資格を取得した方々の生の声について

 

ここで、実際に主婦の方が独学で宅建資格の取得を目指された場合の体験談をご紹介します。

 

 

実際に主婦が独学で宅建資格を取得しようと考えるとどれくらいかかる?

まず、最も気になるのが「どれくらいの期間勉強をすれば合格出来るのか」という点ですよね。難しい試験である事は承知の上で、なるべく短期間で取得したい…というのが本音だとは思いますが、実際はどうなのでしょうか。

  • 試験まで3ヶ月しか期間がなく、相当集中して勉強をしたつもりだがやはり不合格だった
  • 家事や育児をしながら、睡眠時間も削りつつ10ヶ月間勉強をして合格した
  • 家族の協力があったおかげで、平日は3時間、休日は5時間必ず勉強の時間を確保したところ2ヶ月で合格出来た。元々少し知識があったせいもあると思う
  • 保育園の子どもの育児をしながら、自分のペースでゆっくりと勉強し、3年目で合格した

 

このように、合格までに要する期間は非常に個人差がある事が分かります。それぞれのご家庭の事情、体調などに大きく左右されるので、当然と言えば当然でしょう。大切なのは、自分のライフスタイルをきちんと考えた上で最初に無理のない計画を立てて、実現可能な期間を設けて合格を目指す事です。せっかく合格が出来ても、家族の事がおざなりになったり体調を崩してしまったりしては元も子もありません。上記は飽くまで参考なので、ご自身の状況を第一に考慮するように気を付けていきましょう。

 

 

ここに気を付けたい!誘惑に打ち勝つポイントとは?

また、資格の勉強は自分自身との戦いでもあります。いかに集中して勉強に取り組むか、が大切というわけですね。例えば、だらだらと3時間勉強するよりも、集中して1時間勉強する方が絶対に身になると思いませんか?ここで、あらゆる誘惑に打ち勝つ為のポイントについてまとめてみました。

  • 場所を変えて勉強をする(図書館、勉強カフェなどを利用する)
  • 自宅で勉強する場合はスマートフォンを側におかない
  • 自宅で勉強する場合はテレビのない部屋でおこなう
  • タイマーなどを利用して時間を計りながら勉強する
  • 1時間勉強して10分休むなど、自分自身のサイクルを確立する
  • ゲームや漫画本などは側におかない

人間、面白くて楽な道を選んでしまうのは当然です。しかし、難しい試験の合格を目指すとなると、それらの誘惑に打ち勝つ必要がありますよね。特に自宅にいると、テレビなどのあらゆる誘惑が襲って来るので、可能であれば場所を変えて勉強する事をおすすめします。それが難しい場合は、スマートフォンや漫画本など、娯楽に関連するものを遮断する強い意志が必要です。是非、上記を参考にしてみられてください。

 

 

レベルが高ければ高いほどやる気も起きる!「宅建」の資格取得を目指そう!

レベルが高ければ高いほどやる気も起きる!「宅建」の資格取得を目指そう

 

その難易度の高さゆえに何となく腰が引けてしまいがちな「宅建」ですが、現在は通信教育の制度を利用しながら独学で取得を目指し、見事合格する事も十分可能です。通信教育の内容も企業ごとに内容が異なりますが、おさえておきたいポイントとしては

  • テキストの内容をスマートフォンに反映出来るシステムのものを選ぶ

    ※宅建のテキストはとても分厚いので、内容の一部をスマートフォンに同期出来るものを選ぶと外出時なども復習に利用出来る

  • 図解やイラストでの説明が多いものを選ぶ
  • 説明動画のダウンロードが可能なものを選ぶ
  • 不明点を講師に質問出来るオプションがついているものを選ぶ
  • アプリと連携しているものを選ぶ

主に上記が挙げられます。難易度の高い宅建の資格を取得するには、まず学習意欲を確保するところから始めなければなりません。その際に、「使いやすい教材か」「面白いと思える教材か」という点がとても重要になってくるのです。もちろん、ご自身の好みに合ったものを使用するのが一番ではありますが、上記も参考になりましたら幸いです。特に主婦の方の場合はご家庭の事情や用事などもあるので、分厚いテキストを持ち歩くより、スマートフォンを利用してササッと復習が出来るタイプのものがおすすめです。宅建の教材は、平均してだいたい4万円前後くらいで利用する事が出来るので、色々と見てみられると良いでしょう。

 

↓安心と実績で選ぶなら おすすめ↓

 

このように、「宅建」は難易度の高い資格ではありますが、教材選びから学習までを上手く進めていく事によって、忙しい主婦の方でも合格を目指す事は十分に可能である事が分かりました。最終的なゴールは資格の取得ですが、そこまでのプロセスもあなたの人生においての糧となる事は間違いありません。安定した生活や周囲からの信頼を確保したいとお考えの方は、是非「宅建」の資格取得を検討してみられてはいかがでしょうか。