主婦資格|

主婦資格コラム記事一覧

主婦が資格を取得する為の効率の良い勉強方法!

あなたは「勉強をする事」が好きですか?「大好き!」と答えられる方は、とても素晴らしい事だと思います!しかし、中には「勉強はあまり好きではない…」「記憶力が良くないから何かを覚えるのが億劫だ」「何か資格を取りたいけど勉強が好きじゃないから自信がない」などとお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。これは実は多くの方が抱えているお悩みで、例えば再就職を目指して手に職を付けたいと考える主婦の方が頭を...

主婦が資格を取得する為の勉強時間!隙間時間の見つけ方紹介!

主婦でいらっしゃる皆様が何らかの資格の取得を検討する時、どのようにして勉強の時間を捻出していますか?掃除に選択に育児、家族の食事作り、ご近所とのお付き合いなど、主婦の方がやるべき事は毎日盛り沢山です。「専業主婦は家にいるのだから時間はあるはず」と思われてしまっては心外ですよね。何も、家にいる時間全てを自由に使えるわけではありません。家族の為に家事をして、その残りの時間がやっと自分の時間となるわけで...

主婦が資格試験に挑む時の罠!試験時の注意点など!

大人になってから何かの試験を受ける場合、学生時代のそれとは勝手が違うので戸惑ってしまった経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。例えば、学生時代であれば服装は制服で行けば良いですし、受験票などの持ち物などについても学校側でしっかりと告知してくれます。受験料についても、親御さんが支払いをしてくれるので任せっぱなしではありませんでしたか?もちろん学生時代においてはそれで問題ないのですが、いざ社...

主婦でも大学に行きたい!大学で有資格ゲットも可能!

主婦の方が再就職を希望して就職活動を進める中で、1つの壁に突き当たる事がしばしばあります。それは、求人情報の応募資格に「大学/短大卒」という条件が付いている…という場合で、例えとても興味の持てる分野や職種だったとしても、自分自身の条件と合わずに諦めざるを得ないという事も少なくないようですね。最終学歴が人の価値を決めるわけでは決してありませんが、いざ仕事をバリバリしていきたい!と奮起した際に、色々と...

英語が出来る主婦におすすめお仕事!英語資格を取って世界へ!

再就職を考えている主婦の方は、どのような職種を検討されていますか?中には、「保有資格が乏しいから働ける職種が限られる…」などとお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。そのような中で近頃注目をされているのが、「英語関連の資格」です。グローバル化が進んでいる現代では、英語に強い人材というのはどこの職場でも重宝されますし、就職活動中に人事担当者の興味を引き付ける材料にもなりやすいですよね。また、英語を活...

専業主婦が資格取れば補助金支給! 「教育訓練給付金」とは!

再就職を考えている主婦の方々も多いかと思いますが、順調に進める事が出来ていますでしょうか?仕事から離れている間のブランクが心配だったり、資格取得の為に必要な費用に不安を覚えてしまったりなどでスムーズに就職活動に着手出来ていないという方もいらっしゃるかもしれません。そのような方に是非知って欲しいのが「教育訓練給付金」という制度です。冒頭で述べた通り、指定された講座を受講して修了させる事によって、費用...

主婦が無料で資格を考えているなら!まずはここから始めよう!

「家計を上手くやりくりしたい」「無駄な出費を抑えたい」という考えは、主婦の方ならば誰しもが持っている考えですよね。それは、食費や光熱費などの生活費はもちろんの事、お子様の学費やご夫婦の交際費など、細かい部分までのぼります。また、何か新しい事を始める場合…例えば、習い事を始めたり資格取得に向けての勉強を始めたりする時なども、その費用について安く抑える事が出来れば嬉しいと思いませんか?特に、資格の取得...

穴場

主婦の方が職場復帰を目的に何か資格の取得を検討する場合、多くの方は、「色々な企業から需要がある資格」「人気の資格」などのいわゆる「王道資格」をイメージする場合が多いのではないでしょうか。もちろん、世間のニーズに合わせて資格の取得を目指すのは効率も良いですし、ある程度選択肢が決定されているので種類を選びやすくもあります。しかし、世の中には「意外と必要とされている資格」「保有していると安定した収入に繋...

ママ必見!主婦がサロンを営む為に役に立つ資格ってある?

いつの時代も、美容系のお仕事…例えば、エステティシャンやネイリストなどは女性の憧れですよね。自分自身の美容面にもより気を使うようになりますし、お客様に「キレイ」を提供出来るなんてとても素敵なお仕事かと思います。そのような美容系のお仕事に就く場合は、最終的な働き方として、どこかのお店に所属するのではなく「自分自身でサロンを経営する」という方法も可能になりますよね。もちろん、経営者はとても大変な立場で...