主婦が管理栄養士になるには?資格取得のメリットデメリット!

主婦が管理栄養士になるには?資格取得のメリットデメリット!

 

保育施設や病院、介護施設など、色々な分野で活躍する事の出来る管理栄養士は非常に魅力的な職業ですよね。働き先にも困らないので、社会復帰を考える主婦の方々の中にも「管理栄養士の資格の取得を目指してみようかな」などと考える方も多いようです。では、主婦の方が管理栄養士資格を取りたいと考えた場合にとるべき方法としてはどのようなものがあるのでしょうか。また、国家資格という事で難しい印象もありますが、難易度としてはどのくらいなのでしょうか。管理栄養士資格取得におけるメリットやデメリットなども併せた上で、詳しく見ていきましょう。

 

 

主婦が管理栄養士資格を取得するには?通信講座でも取得出来る?

主婦が管理栄養士資格を取得するには?通信講座でも取得出来る

 

まず、主婦の方が管理栄養士資格の取得を目指すには何から始めれば良いかについて見てみましょう。
そもそも管理栄養士とはどのような資格なのかと言うと、

  • 栄養士よりもさらに高い技術、知識を持つ者が持つ資格
  • 健康な人間以外にも、病気の方や高齢の方などに対しても栄養の指導や管理を行う事が出来る

とされています。栄養士さんも深い知識や技術が必要なわけですが、それ以上のものを求められるのが管理栄養士、という事になりますね。

 

 

管理栄養士の受験資格について

管理栄養士の受験資格について

 

次に、管理栄養士の受験資格について確認しておきましょう。受験資格としては、

  • 栄養士の免許を保有している事
  • 管理栄養士養成施設を卒業する事

基本として、上記2点のいずれかを満たしている必要があります。これらを満たしている方は国家試験を受験する事が出来て、それに合格すれば晴れて管理栄養士!という流れになります。

 

 

管理栄養士資格の合格率はどのくらい?難易度は難しい?

管理栄養士資格の合格率はどのくらい?難易度は難しい

 

管理栄養士資格の合格率は、とてもシンプルに表現をすると「難易度A」であるとされています。難易度Aがどのくらい難しいのかピンと来ないという方もいらっしゃるかもしれませんが、他職種で言うと「薬剤師」「歯科医師」と同じレベルという事になります。これらを考えると、管理栄養士資格は非常に難易度が高い資格である事が分かりますね。主婦の方が合格を目指すには、それなりの準備や覚悟、資金が必要になります。

 

 

主婦が管理栄養士資格を取得する方法とは?

主婦が管理栄養士資格を取得する方法

 

次に、肝心の、主婦の方が管理栄養士資格を取得する方法について押さえておきましょう。下記のポイントをしっかりと覚えておく必要があります。

  • 栄養士や管理栄養士の養成施設として、「通信教育」「通信講座」「夜間部」は認められていない

 

というわけで、残念ながら管理栄養士資格の取得を目指すには、昼間に実際に養成施設に通学をする…という方法以外はないようです。これは例え通信制の大学であっても同様なので、必ず「昼間に通学をしなければならない」という事を覚えておくと良いでしょう。したがって、日中に通学の時間を確保する事の出来る方でなければ、管理栄養士資格の取得を目指すのは難しい…という事になります。

 

 

主婦が管理栄養士資格を取得する事に関するメリットとは何?

主婦が管理栄養士資格を取得する事に関するメリット

 

上記のように、中々ハードルの高い資格ではありますが、主婦が管理栄養士資格を取得する事に関するメリットとしては、主に下記の事が挙げられます。

  • 管理栄養士資格は国家資格なので「信頼」「説得力」という点で非常に強い
  • 知識の習得に時間がかかる分、一生活用する事が出来る
  • 「食」という分野における共通の知人が増える
  • 安定した収入を得られるようになる

などが考えられます。国家資格を持っているという事で働き先も見つかりやすくなるので、すぐにでも職場復帰をして長い目で働きたいという主婦の方には特におすすめであると言えるでしょう。また、栄養士の場合は専門学校や短大で2年、管理栄養士の場合は4年制大学や専門学校に通って資格を取得する必要があるので、それなりに期間を要しますが、その分、一度合格したら一生その資格を活用する事が出来ます。保育関連施設や医療、福祉施設、教育機関など、幅広く仕事を探す事も出来ますよね。また、さらに注目すべきは「同じ立場の知人が増える」という点でしょう。主婦の方の交友関係となると、小中高からの知人やママ友などが多くなるかと思いますが、管理栄養士資格の取得を目指し、養成学校へ行くと、同じような立場の主婦の方や、「社会人経験のある受講生」など、ある程度色々な事を経験している友人を新たに作る事が出来ますよね。社会人になってからの友人とは貴重で、ひょんな事から意外なネットワークが繋がり、それが仕事に繋がったりするケースも少なくはありません。ただ資格を取って終わり、ではなく、その後のあらゆる可能性を生み出してくれるのが「管理栄養士資格」であると考えます。

 

 

主婦が管理栄養士資格を取得する事に関するデメリットとは何?

主婦が管理栄養士資格を取得する事に関するデメリット

 

上記とは反対に、主婦が管理栄養士資格を取得する事に関するデメリットとしては、どのような点が挙げられるのでしょうか?

  • 資格の習得までに時間がかかる
  • 学費が高額である
  • 通学に時間を取られるので、資格取得中の収入はほぼ見込めない
  • 夜間学校がないので、日中に通学をする必要がある

まず最も懸念されるのが、「資格取得までに要する期間」です。前述でも触れた通り、管理栄養士資格を取得するには最短でも4年はかかるので、すぐに職場復帰をしたい!という主婦の方にはあまり向いていないと言えるでしょう。また、管理栄養士資格を取ろうと思ったら学校に通う必要があるので、もちろんそれに伴う学費が必要になります。平均で1年間に100万円以上はかかると考えておいた方が良いでしょう。そのような中であっても、学校に通って勉強をして、さらに帰宅して課題をこなす時間を考えると、パートを併用するような時間はほぼ確保出来ません。家事や育児の必要がある主婦の方ならば、なおさらですね。さらに、夜間学校がないので日中に学校に通う必要もあります。なので、収入を得ながらの通学でないと厳しいという方については、管理栄養士資格の取得を目指すのは中々難しいかもしれません。

 

 

主婦の方が管理栄養士資格の取得を目指す目的とは?

主婦の方が管理栄養士資格の取得を目指す目的とは

 

ここまでで、新卒の学生さん以外の方が管理栄養士資格の取得を目指すのは非常に困難である事が分かりました。しかし、それでもなお合格を目指したい!と考える主婦の方がいらっしゃるのもまた事実です。そのような方々の目的としては、

  • 元々管理栄養士になりたかったのと、家族の理解を得られたので挑戦してみたい
  • 子どもが生まれてから栄養面に興味を持ったので、本格的に勉強をしてみたい
  • 将来的に長い目で仕事をしていく為に、難しいと分かってはいるが挑戦してみたい
  • 安定した収入を得られるようになりたい

などが挙げられます。繰り返しているように、主婦の方や社会人の方が管理栄養士資格を取得するのはとても難しい事ですが、強い意志を持って目標に向かって進んでいける環境が整っている場合、挑戦してみるのも1つの手ですね。

 

 

家庭の事情でどうしても通学が不可能…。そんな時にはどうすれば良い?

家庭の事情

 

主婦の方が管理栄養士の資格を取るには日中の学校への通学が必須という事で、ご家庭の事情などで中々それを実行するのが難しい…という方が多いのが現実です。かと言って、「栄養に関する知識を高めたい」「子どもの為にも正しい知識を習得したい」という気持ちを考えると、諦めるしか手段がないというのは残念過ぎますよね。

 

そこで、1つの手段として、「通信講座でも取得出来るような、食や栄養関連の資格を取る」という方法があります。例えば、

  • 食育インストラクター
  • フードコーディネーター
  • 食生活アドバイザー
  • 発酵マイスター

などは、通信講座を利用して取得する事が出来るので、家事や育児に忙しい主婦の方であっても、空き時間を利用して合格を目指す事が出来ます。管理栄養士の資格の夢を諦める事は悔しいけど、どうしても食や栄養に関する資格を持ちたいとお考えの方は、こちらを検討してみられるのも1つの手ですね。併せて覚えておいてみられて下さい。

 

↓食の安心安全を 実績に選ぶなら おすすめ↓

 

このように、主婦の方が管理栄養士資格の取得を目指すのは、中々難しい事であるという事実が分かりました。あらゆる機関において需要があり、安定した収入も見込めるという事で、やはり学習の過程もそれなりに大変になるという事ですね。とは言うものの、「どうしても管理栄養士の資格がいい」「無理をしてでも諦めたくない」という場合は、ご家族とご相談の上でチャレンジをしてみるのも素晴らしい事だと思います。自分のやりたい事を叶えられるのは、他でもない自分自身だけです。どうしても叶えたい夢であるのならば、是非とも挑戦してみられて下さい。