主婦資格|

ママ必見!主婦がサロンを営む為に役に立つ資格ってある?

ママ必見!主婦がサロンを営む為に役に立つ資格ってある?

 

いつの時代も、美容系のお仕事…例えば、エステティシャンやネイリストなどは女性の憧れですよね。自分自身の美容面にもより気を使うようになりますし、お客様に「キレイ」を提供出来るなんてとても素敵なお仕事かと思います。そのような美容系のお仕事に就く場合は、最終的な働き方として、どこかのお店に所属するのではなく「自分自身でサロンを経営する」という方法も可能になりますよね。もちろん、経営者はとても大変な立場ですし色々な事が待ち構えてはいますが、自分の理想をそのまま業務に反映させる事が出来るので、とてもやりがいがあり楽しみもあるかと思います。では、主婦の方が何らかの「サロン」を営む事を視野に入れた場合は、どのような資格が役に立つのでしょうか?サロン経営の基本的な流れと併せて、詳しく見ていきましょう!

 

 

まずは押さえておきたい!サロンを経営するまでに準備しておく事

まずは押さえておきたい!サロンを経営するまでに準備しておく事

 

「ゆくゆくはサロンを経営したい!」とお考えであれば、それまでに色々な準備が必要になります。その流れについて大まかにご紹介していきたいと思います。

 

 

資格を取得してある程度の実務経験を積む

大前提として、まずは資格を取得し、最低限の実務経験を積む事が第一となります!
※エステティシャンなどは、資格が必須というわけではなく、無資格であっても働く事が出来ますしサロンを開業している方もいらっしゃいますが、技術や知識の向上、そしてお客様からの信頼を得たいのであれば、絶対にエステ関連の資格を保有しておく事をおすすめします。

 

美容系の資格と言っても様々な種類があるので、ご自身のやりたい事や将来の展望などを元に選ぶと良いでしょう。美容系資格には、主に下記のような資格があります。

  • エステティシャン(認定エステティシャンなど)
  • メイクアップ技術検定
  • リンパセラピスト資格(リンパドレナージュなど)
  • アロマテラピー検定
  • アイリスト技能検定
  • アイデザイナー技能検定
  • ネイリスト技能検定
  • ジェルネイル技能検定
  • スキンケアアドバイザー
  • リフレクソロジー

これらはほんの一部ですし、上記の資格もさらに枝分かれしてレベル別にそれぞれ存在したりもするので、非常にたくさんの種類がある事が分かりますね。自分がやりたい事は一体何なのか、将来はお客様をどのような形で美しくしていきたいのかなどを考えると、自ずとどの資格を取得すれば良いかが分かってくるかと思います。じっくりと検討してみられて下さいね。

 

 

資格の保有なし、未経験の場合はいきなりサロン開業って出来るの?

少し余談となりますが、「資格もなく未経験の場合でも開業は可能か?」という疑問を抱く方もいらっしゃるかと思いますが、果たして可能なのでしょうか?

 

結論から言うと、エステサロンの場合は「資格保有なし、未経験」の場合でも、サロンを開業する事は不可能というわけではありません。ただし、その場合は下記の条件を満たす必要があります。

 

・経営者が無資格、未経験であれば、経験があって施術する事の出来るスタッフを雇う必要がある
⇒例えばエステは国家資格が定められていないので無資格であってもある程度の実務経験があれば働く事は出来ますが、経営者の個人サロンにて「資格もなければ経験もない」というのはあまりにも不安が大きいですよね。なので、経営者に資格や経験がない場合は、スタッフを揃えなければなりません。

 

・経営者は無資格、未経験のままであればマネージメントのみに専念する必要がある
⇒自分自身も施術をしていきたいと考えるのであれば、きちんと資格をとってある程度の実務経験を積むようにしましょう。

 

上記の条件を満たせば、全くの素人であってもサロン開業は出来る事は出来ますが、最初から複数のスタッフを雇うとなると賃金を支払う必要性が出て来ますし、その為には常に安定した経営を展開する事が大切になってきますが、いきなりお店を軌道に乗せるのはとても大変な事です。やはり、いきなりサロンを経営するのではなく、「資格を取得して経験を積む」という過程を飛ばさない方が望ましいと言えるでしょう。

 

また、資格は必要はないものの、開業するにあたって「個人事業主の開業届出」を税務署に提出する必要があります。開業から1ヶ月以内に提出しなければならないので、しっかり覚えておきましょう。

 

 

開業する場所を決める

資格を取得して個人でサロンを開業出来るくらいのスキルが身に付いたのであれば、つぎはどこで開業するか、を決める必要があります。

 

テナントを借りてサロンを経営するという方法ももちろん有効的ですが、初期費用を抑えたいのであれば「自宅サロン」をおすすめします。ご自身のお住まいの一室を施術部屋として利用する形になるので、生活感をなるべく出さないようにするなどの工夫は必須となりますが、別途テナントでサロン経営する場合に発生する諸々の費用(家賃や光熱費など)を節約する事が出来るので、まずは自宅サロンから始めてみると良いかもしれません。自宅サロンという形を取る場合のポイントとしては、

 

・玄関から最も近い部屋を施術部屋にする
※キッチン、リビングなどの生活感の出る空間にお客様を通さずに済むので

 

・内装やBGMにこだわる
※リラックスの出来るような空間になるような工夫をしてみましょう

 

・エステ機器はレンタルでもOK
※機械をレンタルする事によって初期費用を抑える事が出来ます

 

・消耗品(マッサージオイルなど)の仕入れ先はじっくりと決める
※なるべく融通をきかせてくれる業者を探してみましょう

 

 

お客様は、良い意味での「非日常」を味わいながら、美しさや精神的なリラックスを追求する為にサロンに足を運びます。お客様が癒されるような空間を工夫し、お金が必要なところにはケチらずにきちんと費用を支払う覚悟も大切です。

 

 

自宅サロンを開業する場合、かかる費用はどのくらい?

ここで気になって来るのが、自宅サロン開業時の初期費用ですよね。家賃が無料で済むのはもちろんですが、その他の諸々の費用が発生するのは避けられません。一体、どのくらいのお金を用意する必要があるのでしょうか?下記を参考にしてみられて下さい。

 

・内装の改装費用:20万円〜
⇒費用をなるべく抑えたい気持ちもあるかと思いますが、あまりにも安っぽい内装になってしまうとお客様の満足度が低くなってしまう恐れがあります。照明や壁紙、絨毯、カーテン、小物などにこだわり、あなたの理想の施術部屋を考えてみられて下さい。

 

・施術に使用する機械:5〜50万円程度
⇒どのようなサロンを展開するかによって必要な機器が変わりますが、大体上記くらいの費用が必要となります。施術内容によってはベッドやイスを用意する必要もあるので、レンタルなども上手く利用していくと良いでしょう。

 

・各消耗品費用:10〜20万円程度
⇒エステサロンであれば化粧品やタオルなど、ネイルサロンであればポリッシュやカラージェル、筆、コットンなどを始めとする色々な消耗品が必要になります。そのアイテムのランクによって価格は変動するものの、ある程度まとまったお金が必要となります。

 

・宣伝用の広告費用:20〜30万円程度
⇒現在はSNSで宣伝をするサロンも少なくありませんが、知名度0の状態から始める場合はある程度広告を使って宣伝をする方が良いでしょう。まずはお店の存在を認知されない事には始まりません。ポスティング、フリーペーパーへの掲載などを考慮して、20〜30万円程度かかると見積もっておきましょう。

 

 

主婦がサロン経営をする為におすすめの資格2選!

主婦がサロン経営をする為におすすめの資格2選!

 

では最後に、主婦の方がゆくゆくはサロン経営を目指していく為におすすめの資格について、3点をご紹介したいと思います!

 

スキンケアアドバイザー資格

その名前の通り、スキンケアの知識やスキルを証明する為の資格が「スキンケアアドバイザー資格」です。化粧品そのものについての知識や技術が向上するのはもちろんの事、他者にスキンケアのアドバイスやカウンセリングをする事も可能になります。

 

この資格は、美容業界で知名度のある「日本スキンケア協会」という後ろ盾があるので、実用性があるのはもちろんの事、とても信頼のおける資格であるとも言えます。また、この資格を取得する事によって、

  • 美容業界(エステサロン、メイクアップアーティスト、ネイルサロン、アロマサロン、美容院、リラクゼーションサロンなど)
  • 医療や福祉業界(病院、歯科医院、介護施設など)
  • 商社、小売業(サプリメントや化粧品の営業など)
  • その他(スポーツジム、ヨガインストラクターなど)

上記のようなところで仕事をする事も出来ます。将来的にサロン開業を考えるのであれば、資格の取得後にエステサロンなどで経験を積んでから独立…という流れが望ましいでしょう。

 

こちらのスキンケアアドバイザー資格ですが、前述の通り「日本スキンケア協会」が監修している非常にしっかりとした講座である「スキンケアアドバイザー資格通信講座」が用意されているので、そちらを利用して勉強を進めていく事をおすすめします。この講座のメリットとしては、

  • スキンケアのプロの監修である
  • 教材の内容が分かりやすくまとまっているので勉強しやすい
  • 資格取得後もフォローをしてもらえる(動画やメルマガ配信、フォロー講習会の実施、無料相談など)
  • 分かりやすいフェイシャルテクニックのDVDも付いている
  • 資格取得後を見越して、接客スキルやカウンセリング能力についての指導もしてもらえる
  • 資格取得後の開業サポートもサービスに含まれる
  • 不明点はプロの講師陣に質問する事が出来る

 

↓スキンケアアドバイザー講座詳細はこちら↓

スキンケアアドバイザー資格は、仕事として一生使えるだけでなく、ご自身のお肌の状態の向上も期待できると言う一石二鳥も三鳥もある資格です。将来的にご自身のサロンを開業してみたいとお考えの方は、是非ご検討下さい。

 

 

 

ジェルネイル認定講師資格

今や世間には多くのネイルサロンが溢れており、王道のネイル系資格…例えば、ネイリスト技能検定やジェルネイル技能検定だけだと、何となく心もとない印象です。さらに、ネイル関連の資格は国家資格ではない為、全くの無資格であってもサロン開業自体は可能なので、顧客のネイルサロン選択の幅が広がっている状態です。とは言うものの、お客様からの信頼を最後まで獲得出来るサロンを目指すのであれば、やはり信頼の証である「資格取得」はしておいた方が良いかと思います。

 

そこでおすすめなのが「ジェルネイル認定講師資格」です。この資格を持つ事によって、ネイルに関する知識と技術が向上するのはもちろんの事、講師として検定の試験監督を務めたり、サロン開業時に「認定講師在籍」と謳えるようになったりするわけです。お客様の信頼に繋がる事間違いなしですよね。

 

ジェルネイル認定講師資格の資格を取りたいのであれば、PBアカデミーの実施している「ジェルネイル認定講師資格取得講座」の利用がおすすめです。メリットとしては、

  • 実践ですぐに活用出来るようなハイレベルな技術も勉強出来る
  • 基礎から応用までじっくり勉強する事が出来る
  • 隙間時間をうまく利用して勉強しやすい教材である
  • 資格取得後のサロン開業に関するテクニックやポイントも学ぶ事が出来る
  • 条件によっては、受講期間2ヶ月延長制度を利用する事が出来る
  • LEDライトやカラージェルなどの消耗品も教材に含まれるのですぐに勉強をスタート出来る

 

↓【無料資料請求】ジェルネイル認定講師資格取得講座はこちら↓

 

 

 

施術に必要な道具と教材、そして充実したサービスがついてこのお値段は大変お得ですよね。認定講師の肩書きがあるだけで、サロンの品格がぐっと上がる事間違いなしです!是非ご検討下さい!

 

このように、主婦の方が一からサロンを開業する為には、資格を保有しておいた方が断然有利である事が分かりました。ご自身のお店となると、経営方針や内装、施術の細部についても全て自分で取り決めをしていくので、自分の考えや理想をそのまま反映させる事が可能となります。大変やりがいのあるお仕事なので、将来的に自分のサロンを持ってみたい…と少しでもお考えの方は、是非ともチャレンジしてみられて下さい!