忙しい主婦でも介護職員初任者研修資格は取得できる?再就職を目指すには

忙しい主婦でも介護職員初任者研修資格は取得できる?再就職を目指すには

 

主婦の方が再就職を考える場合、どの点を重視するかによってどの仕事が適しているかが当然変わって来ます。家庭との両立を重視するのか、とにかく収入を増やす事を重視するのか、あるいは「仕事へのやりがい」を重視するのか、各々で考え方に相違があって当然ですよね。主婦の再就職…というケースにおいておすすめの選択肢の1つが、「国が積極的に人材を確保しようと試みている業界」の仕事に就くというパターンです。例えば、介護の現場においては深刻な人材不足が懸念されており、厚生労働省が積極的に人材の確保に乗り出しているタイミングでもありますよね。そこで今回は、「介護職員初任者研修資格」に焦点を当てて、資格取得までのプロセスや再就職の状況等について詳しく見ていきたいと思います。

 

 

介護職員初任者研修資格とはどんな資格?

介護職員初任者研修資格とはどんな資格?

 

介護関連の資格と言うと、「介護士」「介護福祉士」等はよく耳にする機会があるのではないかと思いますが、「介護職員初任者研修資格」と言う名称は上記ほどの知名度はないかもしれません。そこで、まずは介護職員初任者研修資格とはどのような資格なのかについて見てみましょう。

 

 

介護職員初任者研修資格について

介護職員初任者研修とは、場所は問わずに(在宅や施設等)、介護職に就いて仕事をする上で基本となるような知識や技術を習得する為の研修の事を指します。この研修を受けて資格を取得する事で「介護職のキャリアのスタート」と見なされ、あらゆる介護の現場において様々な雇用形態(正社員、パート等)で働く事が出来るようになります。

 

 

どんな人に「介護職員初任者研修資格」がおすすめなの?

下記のような状況の方には特に、介護職員初任者研修資格の取得がおすすめであるとされています。

  • 介護業界での仕事のスタートを考えている人
  • 介護の基本的な知識を身に付けたいと考えている人

介護職員初任者研修資格は、言いかえれば「介護をスタートする為の資格」のようなイメージなので、本格的に介護の仕事を始めていきたいという方は絶対に取得しておく方が良いでしょう。というのも、介護職員初任者研修資格は最短で3ヶ月ほどでの取得が可能なので、本格的な介護職スタート前の準備として非常に適しているからです。ゆくゆくは介護士や介護福祉士の資格を取得して福祉の世界で活躍をしていきたいと考えている方は、是非ともこの介護職員初任者研修資格の取得からチャレンジしてみられて下さい。

 

 

「働きながら」介護職員初任者研修を受けるという方法も◎

前述のように、介護職員初任者研修は介護の仕事を本格的にスタートする方にとって、一番の近道であると言えます。しかしながら、人材不足に悩まされている介護の業界においては、「実際に介護の現場で実務経験を積みつつ、初任者研修を受ける」という方法もまた推奨されています。このメリットとしては、

  • 働きながら勉強を進めるので介護職員初任者研修資格の費用を稼ぐ事が出来る
  • 実務経験を積めるので、本格的に仕事をする際によりスムーズになる
  • 介護業務の基本を、実践を交えながら勉強出来るので効率が良い
  • 「介護福祉士」「ケアマネージャー」等の一歩先の資格取得への近道になる

等が挙げられます。実践に重点を置きたいという方は、働きながら介護職員初任者研修を受ける…という方法を視野に入れてみるのも良いかもしれませんね。

 

 

主婦に「介護職員初任者研修資格」がおすすめである理由は?

主婦に「介護職員初任者研修資格」がおすすめである理由

 

介護職員初任者研修資格は、実は主婦の方が目指すにあたっても非常におすすめである資格の1つとなります。何故かと言うと、

  • 介護の仕事(食事の介助、清掃、選択、お話し相手になる等)に主婦の経験を活かせる
  • 求人が多いので職場復帰をしやすい
  • 正社員、派遣社員、パート等、雇用形態が様々である
  • 「午前中のみ勤務」「午後16時まで勤務」等、ライフスタイルに合わせて働きやすい
  • 全国どこにでも福祉施設があるので、家族の転勤等が発生した場合も転職しやすい

等の理由が挙げられるからです。特に、雇用形態や勤務時間の融通がきくという点は主婦の方には嬉しいポイントですよね。がっつりと働きたい方は正社員として、家庭を重視したいという方はパートとして等、柔軟に対応してもらいやすい業界です。

 

 

主婦の方でも比較的取得しやすい「介護職員初任者研修」

主婦の方は就業こそしていないものの、とても忙しい毎日を送っている事かと思います。ご家庭の事、ご家族の事、ご近所付き合い等、やらなければならない事は山のようにありますよね。そのような状況下であっても比較的取得しやすい資格として人気が高いのもまた、「介護職員初任者研修」です。取得の方法としては、「通学のみ」もしくは「通学と通信との併用」から選ぶ事が出来るので、ご家庭の状況によって効率良く学習方法を選択する事が出来ます。講座によっては最短で1ヶ月程で取得出来るものもありますので、転職活動をすぐに始めたい主婦の方にもおすすめであると言えるでしょう。

 

また、介護職員初任者研修は介護職についての知識が全くない方であっても理解がしやすいようなカリキュラムが組まれているので、1つ1つ丁寧に学習を進めていく事が出来ます。「初心者で何も分からないから…」とどうか不安にならず、是非チャレンジしてみられて下さいね。

 

 

別業界からの転職、全くの未経験でもOK!主婦の方の生の声について

ここで、主婦の方で「介護職員初任者研修」を実際に取得した方の喜びの声の一部を見てみましょう。

 

 

・介護業界は、他の業界と違って「周囲からの理解を得られやすい」と感じた。時短勤務や急な休み、早退等に嫌な顔をされる事もなく、メンバーでカバーをしていくようなイメージ。介護業界そのものが「多様な働き方」「女性が働きやすい職場」という空間になっているので、主婦からでも十分にやっていけると思った。


 

 

・自分本位である性格が嫌だったが、介護職員初任者研修を取得して介護の仕事を始めてからは相手の気持ちになって物事を考えられるようになった。「私がこの利用者さんだったらこの介護で嬉しいだろうか」と思いやりの気持ちを持てるようになり、家族や周囲からも「何だか優しくなった」と言われるようになった。


 

 

・とにかくやりがいがあり、自分が考えて行動をした事が結果として見える仕事だと思った。利用者さんが快適に過ごせるにはどうすれば良いかを考えてそれを実行し、とても喜んでもらえたりするととても嬉しく、さらにやる気が出る。


 

 

・全くの未経験からのスタートだったが、これまでの家事や育児の経験を活かせる部分が多少あったので自信に繋がった。細かい気配りや繊細な視点が重宝される現場でもあるので、主婦経験のある女性が向いているというのも頷けた。


 

やはり初めは不安や緊張が強い方もいらっしゃるようですが、主婦経験を活かす事が出来て自信がついた、というケースも多いようです。また、一般企業においては「急な休み、遅刻、早退」「時短勤務」等に対して中々理解が得られずに当たりが強い場合も少なくありませんが、介護業界ではそのような心配が比較的少なく、女性にとって働きやすい環境が整えられているケースが多いようです。

 

 

介護職員初任者研修の受験について

 

ここで、気になる「介護職員初任者研修」の詳しい試験内容について確認しておきましょう。

 

<受験資格>
・特になし

 

<試験内容と合格ライン>
まずは下記、合計130時間の講習を受講する必要がある。

 

・職務理解(6時間)
・介護においての尊厳保持、自立支援(9時間)
・介護の基本について(6時間)
・介護、福祉サービスについての理解と医療との連携(9時間)
・介護においてのコミュニケーション技術(6時間)
・老化についての理解(6時間)
・認知症についての理解(6時間)
・障がいについての理解(3時間)
・こころとからだのしくみと生活支援技術T 基本知識の学習(12時間)
・こころとからだのしくみと生活支援技術U 生活支援技術の学習(53時間)
・こころとからだのしくみと生活支援技術V 生活支援技術演習(10時間)
・振り返り(4時間)

 

上記の全てのカリキュラム終了後に1時間程度の筆記試験を受け、合格ラインであれば見事に資格取得…という流れになります。合格基準は大体70点くらいに設定されており、万が一不合格となってしまっても追試を受ける事が出来ます。追試ではほぼ全員が合格すると言われているので、難易度としてはそこまで高くはないと言えそうですね。

 

<受講料と試験費用>
研修実施校によって若干の相違はありますが、研修から試験まで含めて大体6万円〜15万円くらいが相場のようです。

 

 

 

介護職員初任者研修取得後のキャリアプランについて

介護職員初任者研修取得後のキャリアプランについて

 

介護職員初任者研修試験に合格をした後は、介護業界において幅広く活躍出来るようになります。当然、無資格の人と比較をすると就業先の候補の幅も広がるので、より自分にあった仕事の仕方を選べるようになります。

 

また、ある程度介護業界での仕事に慣れた後には、例えば国家資格である「介護福祉士資格」を取得する等でさらなるキャリアアップを目指す事も出来ます!働き方の幅が広くなるのはもちろんの事、役職に就きやすくなったり給与面で優遇されたり等のメリットもたくさんあるので、最終的には国家資格の取得を目標とするのもおすすめです。是非、ご自身に合ったキャリアプランを考えてみられて下さい。

 

このように、介護職員初任者研修は、介護の業界で仕事をしていく上での最も基本となる大切な資格である事が分かりました。入口としてこの資格の取得から入るも良し、実際に現場で働いて実務経験を積みながら資格の合格を目指すも良し。あなたのライフスタイルに合わせて取得をする事が可能です。主婦の経験や女性ならではの視点を活かす事の出来るこちらの資格、是非チャレンジしてみられてはいかがでしょうか。